FX総合情報
知って学んで実践取引 
 
 
 
 
FXは難しくありません
これから外国為替証拠金取引、通称FXを始めてみようかと思う方も少なくないかと思います。FXの魅力は何といっても実際の取引金額より少ない資金で取引できる事です。

そして、買いから入って売り切る事や売りから入って買い戻す事、どちらでも取引が開始できます。この為、相場が上がっている時も下がっている時も取引を始めて利益を狙う事が出来きるのが特徴です。当然こういった取引にはリスクも伴います。少ない証拠金で大きな取引額を動かせるため、

大きな利益につながる一方、逆に損失の拡大につながることもあります。預託した資金を失ったり、それを越える損失が生じることもあります。これから始めるのであればまずは少額の資金と低いレバレッジで取引を行い、取引の流れや為替相場の読み方など、運用に慣れる事が利益を挙げる秘訣でもあります。最近では取引業者によっては1,000通貨や100通貨からといった取引に対応しているところ増えています。こういったリスク等を理解した上で取引を行えばそんなに難しくはありません。
 
 
FXの長期スワップ運用

・1日のうちに何度も取引を行って利益を積算していくデイトレーディングの華やかなイメージに隠れがちですが、FXには長期に渡ってポジションを保持する運用のスタイルもあります。それがスワップ運用です。詳細もご覧下さい。

スワップ運用とは、2国間の金利差を利用して、日々生じる差額を受け取ることによって利益を出す運用方法です。日本は非常に金利が低い国なのでスワップ運用には向いているといえ、中にははじめからスワップ運用のみで多大な利益を獲得しようとFXを開始する人もいるくらいです。

ですが結論からいえば、FXとはスワップ運用であり、それは、「手数料があまりかからない外貨預金」程度に考えておいたほうが無難です。余裕のある資金で安定性の高いポジションを保有しておいて、遊ばせておくよりはいいだろうという程度の利益を得ていく、という感じです。たまにレバレッジをかけて置いておけばいいのではと考える人もいるようですが、そもそも短期間で利益を上げるために設定されているレバレッジをかけ続けてしまうことのリスクを底がしれません。

j987 短期のレバレッジでも、損失が出た場合のリスクが場合によってはかなり大きくなることは、みなさんよくご存知だと思います。これが長期保持ともなると、数年間持ち続けたポジションが、1日で損失に転じてしまうというようなこともありえます。実際レバレッジを低めにして長期運用を試みる人も少なくありませんが、大多数の人が失敗に終わっているのが現実です。

・例えば1取引あたり現時点で100円のスワップポイントを受け取ることができる通貨を購入したとしましょう。取引の最低単位は1万通貨で、あなたは日本円にして80万円を支払いました。1年間で受け取ることができる予定のスワップポイントは3万6500円。利率は約4.5%ということになります。

ところがこれにレバレッジを3倍きかせたとすると、同じ80万円で3万通貨単位を購入できます。1年間で受け取る予定の額も3倍になり、10万9500円。利率は一気に13%代まではねあがりました。ですが、こんなうまくいくものでしょうか?これはあくまでも金利が日本のほうが低く、スワップポイントが100円で安定していた場合です。

極端な話をすれば、2国間の金利の高低が逆になった場合、先ほど利益としてあげていた3万6500円や10万9500円は、今度はあなたが支払う額になる可能性があるわけです。80万円という大事な資金にわざわざレバレッジをかけて長期運用するよりは、たまたま売り時を待っている間にスワップ金利が発生し、利益になった、という利用が現実的かつ正しい考え方です。

レバレッジをかけるなら、しっかり自分で把握している24 optionなどで実施している短期の取引で適切に利用し、利益を確定したほうがずっと安全でしょう。自分でやってみるとわかりますが、レバレッジはある意味架空の現金ですから、長期に保有するのは想像以上に怖いものです。

以上のことから、スワップポイントはFXトレーダーにとっての嬉しい副収入ではありますが、長期運用だけで多大な利益をあげようと考えることは、危険といわざるをえないということがおわかりいただけたかと思います。