FX総合情報
知って学んで実践取引 
 
 
 
 
FXは難しくありません
これから外国為替証拠金取引、通称FXを始めてみようかと思う方も少なくないかと思います。FXの魅力は何といっても実際の取引金額より少ない資金で取引できる事です。

そして、買いから入って売り切る事や売りから入って買い戻す事、どちらでも取引が開始できます。この為、相場が上がっている時も下がっている時も取引を始めて利益を狙う事が出来きるのが特徴です。当然こういった取引にはリスクも伴います。少ない証拠金で大きな取引額を動かせるため、

大きな利益につながる一方、逆に損失の拡大につながることもあります。預託した資金を失ったり、それを越える損失が生じることもあります。これから始めるのであればまずは少額の資金と低いレバレッジで取引を行い、取引の流れや為替相場の読み方など、運用に慣れる事が利益を挙げる秘訣でもあります。最近では取引業者によっては1,000通貨や100通貨からといった取引に対応しているところ増えています。こういったリスク等を理解した上で取引を行えばそんなに難しくはありません。
 
 
バイナリーオプションで逆張りをうまく成功させるには?

逆張りはけっして変化球ではない!

日銀が追加緩和を見送ったことで、それまで111円台だった米ドル/円が、翌日までに一気に5円も下がるなど、大きな動きを見せました。このようにはっきりしたトレンドが出ている現在は、まさに為替取引にとって大きなチャンスといえるでしょう!

そのなかでも、特に人気を集めているのがバイナリーオプションですが、みなさんは相場の動きに対してどのような予想をしていますか?

たとえば、上昇トレンドが出ているのであれば、そのまま上がっていくだろうという予想をすることは多いですよね。もちろん、下降トレンドが出ていれば、そのまま下がっていくだろうと予想します。

このような、トレンドに合わせた投資をすることを「順張り」といいます。

一方、ずっと上昇しているからそろそろ下がるだろう、あるいは、ずっと下降しているからそろそろ上がるだろうというように、相場の反転を予想して投資することもあります。これを「逆張り」といいます。

何となく、逆張りのほうが難しいことをしているような気がしますよね。でも、じつは実際のトレードでは、逆張りのほうがよく当たる、ということもそれほど珍しくはないんです!

では、ここではボリンジャーバンドからどのように逆張りを狙っていけばいいのか、そのポイントについて見ていきましょう!


ボリンジャーバンドを参考にするなら残り時間に注目!

ボリンジャーバンドから逆張りを判断するなら、エントリーポイントが現在の時刻とどれほど離れているか、ということに注目しなければいけません。というのも、この距離が近ければ狙い通りの動きになりやすいのですが、離れていると、さらにもう一度反転して、予想とは反対方向に行ってしまうこともあるからです!

たとえば、30分のトレードで考えてみましょう。このとき、スタートから5分後にボリンジャーバンドでエントリーポイントを見つけたとします。しかし、まだ残り時間が25分もあるので、このあと、さらに別のエントリーポイントが見つかる可能性も十分にあるわけです。

このような可能性をつぶしていくには、なるべく判定時刻までの時間が短くなる、60セカンドのような短いトレードを選ぶようにするとよいでしょう!

現在の円高トレンドは、今後も日本の介入が難しいことを考えると、まだしばらくは続くと考えておいと思います。その間、閣僚などの口先介入によって少し反発することも十分に考えられるので、その点にも注目して逆張りを大いに試してみてください!