FX総合情報
知って学んで実践取引 
 
 
 
 
FXは難しくありません
これから外国為替証拠金取引、通称FXを始めてみようかと思う方も少なくないかと思います。FXの魅力は何といっても実際の取引金額より少ない資金で取引できる事です。

そして、買いから入って売り切る事や売りから入って買い戻す事、どちらでも取引が開始できます。この為、相場が上がっている時も下がっている時も取引を始めて利益を狙う事が出来きるのが特徴です。当然こういった取引にはリスクも伴います。少ない証拠金で大きな取引額を動かせるため、

大きな利益につながる一方、逆に損失の拡大につながることもあります。預託した資金を失ったり、それを越える損失が生じることもあります。これから始めるのであればまずは少額の資金と低いレバレッジで取引を行い、取引の流れや為替相場の読み方など、運用に慣れる事が利益を挙げる秘訣でもあります。最近では取引業者によっては1,000通貨や100通貨からといった取引に対応しているところ増えています。こういったリスク等を理解した上で取引を行えばそんなに難しくはありません。
 
 
海外FXと国内FXのレバレッジの違い

海外FXをおすすめする一番の理由は、レバレッジの違いということだと思います。日本のFXの場合にはレバレッジは最大25倍と法律によって規制されています。

そのため、例えば、1ドルが100円の場合、1万通貨のドル円を取引しようとすると4万円もの証拠金がかかってしまいます。一方で、海外FXの場合には、500倍のレバレッジも利かすことが可能であるため、2,000円の証拠金で済みます。このことから言えるのは、非常に資金効率がいいということです。

ho88 FXの場合の目的は、大きな利益を短期間に狙うという人がほとんどでしょう。その場合に、少ない投資金額で、さらにリスクが投資した金額の範FX囲内ということになると、個人投資家にとっては損失が限定され利益が無限大になるのでメリットは非常に多いということになります。

このように海外FXは多少リスクがありますが、コントロールをしっかり行っておくと不安になることはありません。一方、低いレバレッジの方が高いリスクがあるとも考えられます。というのは、ロスカットまでに時間がかかるので、日本人の良くない損失を持ち続けるという癖が出るためです。

レバレッジが効いていると損切りもすぐにできますが、ポジションをずっと持ち続けてしまって損失が大きくなってしまうと言うことです。海外FXを利用する場合には押さえておく必要があるいくつかのポイントがあります。海外FXの業者を利用するわけなので、日本語で対応してくれるのかどうかということは確認しておいた方がいいと思います。

日本語にホームページは変換されていた場合でも、英語でしかカスタマーセンターは対応していないということであれば全く意味がありません。英語を話すことができるような人の場合には問題ないですが、海外FXの場合は言語の問題はやはりあると思います。

また、当局にしっかりとFX業者が登録されているかどうかについてもよく確認しましょう。FX業者はそれぞれの国に登録されており、それぞれの国の規制で管理されています。このことがはっきりしているかどうかは大切になってくるでしょう。そして、やはり大きな会社や知名度があるかどうかです。

これについてはネットなどで評判や口コミをベースに確認するということが中心になりますが、耳にしたことがないようなFX業者の場合にはやはりリスクも高くなります。このようなことを確認して、自分に適した海外FXの業者を利用するようにしましょう。

株とAI(人工知能)

今、産業の各分野で人工知能(AI)の導入が加速しています。
生産の現場から、私達の身近な空間まで、ありとあらゆる場面がAIの判断と行動決定によってサポートされる社会が、すぐ間近まで迫っているのです。

特に、株の世界ではAIの存在が非常に重要視されています。
投資の現場では、優秀で処理能力の優れたAIシステムを設計するために、老舗の大企業も新進のベンチャー企業も関係なく、激しくしのぎを削っている状況が生まれています。

AIが株の売買にかかわるというと未来の話のように聞こえますが、実際のところ、株式取引の世界では当たり前のように自動判定による投資が用いられてきました。
もちろん、完全に人の手を離れた代物ではなく、行動決定のロジックを定めているのは人間です。

統計解析処理に長けたデータサイエンティスト達は、売買のタイミングをAIに素早く、そして正確に判断させるためのロジックを経済学的な理論に基づいて組み立て、計算機の中に実装してきました。
そして、AIは彼らのデザインした思考回路を忠実になぞり、最適解に基づく判断を下すことでトレーダー達に多くの利益をもたらしてきたのです。

 今日における投資のAIは、これまでの『伝統的な』知能水準を超えた世界へと足を踏み入れつつあります。
その革新を支えているのは、自ら状況を学び取り、新たなルールを構築する能力。
機械学習とよばれる分野の技術です。

 これまでのように判断条件を与え、その最適解を選ばせる方法は、対処の困難な領域がありました。
それは、典型的な売買に基づく挙動とは異なる、時事によって引き起こされる不規則な変動です。

世界のグローバル化によって、国の政策や経済状況の変化だけでなく、他国で起きたひとつの事件がその日の株式相場を揺るがすといった状況は珍しくなくなりました。
紛争や武力衝突、首脳の発言や国家間関係の変化による急激な変化は、ここ数年より顕著なものとなってきています。

そんないつ起こるとも限らない、どう変化するかも予想しづらい変数を、予め組まれたロジックによって対処するのは至難の業です。

 機械学習を導入したAIは、その日その場の挙動から、市場の取りうる変化を学び取ることが可能になりました。

それはすなわち、類似したインスタントな出来事を統計的に整理された経験と照らし合わせ、次の変化を予測できるということでもあります。

これによって、AIは理論に基づき与えられた既定の式だけでなく、変化する市場に合わせた最適化をも可能にしたのです。

 AIの発展によって、現在ではほとんど人が介在することなく売買のタイミングが判断され、市場で数字が動き続けています。

それは、これまでよりも迅速で効率的な、素晴らしい投資の方法と呼んでも良いでしょう。
一方で、そうしたAI任せの、マシンパワーこそがものを言わせる体制に危機感を覚え、警鐘を鳴らす人も少なくありません。

人の手を離れた機械仕掛けの投資マネージャーが、どこまで人に忠実な株式売買を続けてくれるのかすらも不確かな中、それでもAI技術は日々発展を続けているのです。